どうやったら有給休暇を取得できるのか?

こんな記事を見つけました。

「有給休暇の消化を企業に義務付け これで休みは取りやすくなるのか?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000006-wordleaf-pol&p=1

興味を持って読んでみましたが、これと言った解決策は書いてないようです。

解決しにくい問題だから、問題になるのでしょうが。




記事では、、、

「平均取得日数が最も多い業種は電気・ガス・熱供給・水道業で14.3日。
しかし、最も少ない宿泊業・飲食サービス業になると、平均で4.9日・・・・」

と書いてありましたが、私は後者のストライクゾーンにおりますので

事情はよくわかりますが、確かに周りを見ると、有休取得は少ないです。




最後に、解決策としてこの偉い教授?が書いているのは、、、

「・・・バックアップ体制を整備しておくことが不可欠だ。制度や法律を変えて
休暇取得を義務化するだけでは、長期休暇をとるためにその前後に無理をして
超長時間労働をするという事態にもなりかねない。バカンスを楽しむ国へ変わっていくためには
制度だけでなく職場の働き方も併せて変えていく必要がある」




まあ理屈は仰せの通りですが、これでは問題解決しませんね。


こういう問題はそもそも欧米人と日本人の考え方の違いも大きいので

海外との比較をすると思考停止になるわけです。

日本人が、欧米人のように割り切って有給を取るようになるには?という

考え方は根本的に不可能と言うか、できるわけない、となってしまう訳です。




こういう問題を解決に近づくためには

有給取得して誰が喜ぶ?という視点を考えた方が良い気がします。

現在だと、取得する本人(社員)だけで、周りの同僚も企業も喜ばない。




実際、私の業界、ことサービス業では全体の協力体制と

少人数での勤務体制でやっているわけですから

休んだ穴を埋めるのは大変です。

私の施設なんか、社員4、5名(内、パートのおばちゃん2名)ですから

一人休んだら、回らないわけです。




じゃあ休んだ穴を埋める為に、アルバイトを雇えばいいかと言うと

それは結果的に、サービス品質の低下を招きます。

私の業界はオペレーションだけでなく、かなり高い対価を頂いているので

今日初めて来たアルバイトでは厳しい面もあるわけです。

例を言うなら、コンビニのバイトならいいけど、リッツカールトンのフロントは

臨時のアルバイトではできないということです。私のところは完全に後者。




たぶん費用やコストでは解決しない問題があるんですよね。

労働力ではなく、サービスクオリティを提供しているというか。

これはサービスクオリティ、営業成績、を求める現代の厳しい競争社会では

競争力を通年で落とす施策は企業がとりずらい。

欧米人なら、これをドライに割り切ってできるというのもすごいことなんですが。。。。




じゃあ日本人に合った有給取得の方法は何が良いかということですが

以下の2つを提案します。

 1.有給の買い取り

 2.有給取得率の悪い業界のみ、年次の公休数を増やす



1は取得ではなく買い上げという案です。

そもそも取得しなくても良いと言う人もいますし、取得できないくらい忙しい人もいるので

「買い取り義務化」=企業が買い上げて、給料を増やす、方がいい場合もあると思います。

何日残っていたら、何日買い上げなど、そこを義務化する。

監視体制としても監視しやすい方法ですし

ちゃんと給与に反映すれば、日本企業の賃金も上昇します。




2は業界による対策です。

先述の通り、業界によっては十分取得できる訳ですから

サービス業など一部の取得率が低い業界からてこ入れする方法です。




例えば、、、、、

「うちの会社は月の公休は11日と多いけど、有給はゼロです」と入社前から宣言しておく訳です。

そうすれば、「有給取得はうちもちゃんとできますよ」と言われて

いざ入社してみると、そんな雰囲気じゃない、という事態は防げます。

これは出来る企業とできない企業もありますし、有給無しにすること自体が

そもそも法律改正が必要になると思いますが、、、、




要するに、労働者が心身ともにリフレッシュしながら

仕事に邁進できる環境を作れればいいわけですから

月の公休が増えればだいぶ身体は楽になります。





有給取得問題は昔からありますが、その度にこういう大学教授が言っているような

「職場の働き方を変えていけばいい」

という、まったく解決策にならないような方法を唱えるくらいなら

もう少しましなアイデアを考えて、表明頂きたい。




まあ、かく言う私もこの問題は簡単じゃないと思うので

私の自分個人の働き方をどうするかという問題に対する最終的な結論としては、、、


「一日も早くサラリーマンをリタイアしよう」


という一点に尽きる訳ですがw


自由な人生を手に入れる教科書 おすすめの電子書籍(読み物)です♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

◆運営サイト◆

お金と資産形成を発信するメディア


あすなろLIFE」も連載中!

 

ヘッダー画像

http://www.asunarolife.net/
◆おすすめ記事◆

(はじめに)自己紹介

★人生の転機となった成功体験

★私の不動産投資戦略〜序章

★続・私の不動産投資戦略

不動産投資の新着記事へ
著者プロフィール

マクフライ1983

Author:マクフライ1983
当ブログはリンクフリーです。
(中傷/不快コメントは削除します)

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


【所有資産】
長野アパ1棟(14年12月/800万)
千葉戸建1号(15年2月/275万)
千葉戸建2号(15年11月/560万)
群馬アパ2号(16年4月/3000万)
千葉戸建3号(17年1月/350万)
千葉戸建4号(17年2月/320万)
千葉アパ3号(17年4月/2100万)

1983年生まれ(現在33歳)。現在、家賃収入93万円/月・返済比率30%台。同志社大学商学部卒・既婚・子なし。

IT企業に就職し、20代は遊び過ぎて借金をつくる。サービス業に転職し、28歳で投資を思い立って株トレードで一発逆転を狙うが、大惨敗で借金が100万円を超える。

結婚後、圧倒的な固定費削減で収支を改善し、なんとか収支プラテン。2014年末から不動産投資をスタート。2016年7月、不動産投資を始めてから約1年半でサラリーマンリタイア達成。


【思想/価値観】

・人生は短い、全力でenjoyする。
・かっこいい大人になる。
・新しい可能性を追求する。
・圧倒的な自己成長を求める。
・逃げずに挑戦すること。
・とにかくスピードで勝つ。
・神は細部に宿る。
・雑音は聞かない。
・勉強し結果を出す。
・人と比較しない。傲慢にならない。
・何かを捨てた時に、何かを得る。
・与える。周りにいい影響を及ぼす。

【目標】
      
〈2019年までの計画〉
14年(31歳)アパ1棟★達成
15年(32歳)戸建2戸購入★達成
16年(33歳)アパ1棟&マイホーム★達成
17年(34歳)CF60万 目標!
18年(35歳)CF75万 目標!
19年(36歳)CF100万 目標!


〈2023年までの計画〉 
(40歳)資産3億、月CF200万円

〈2028年までの計画〉
(45歳)資産6億、月CF400万円
★ハワイに別荘を買う

〈2033年までの計画〉
資産15億(不動産12億、現金3億)

【やりたいことリスト】

筋トレ、サーフィン、世界中を旅する、沖縄と北海道とハワイに別荘を持つ、国内を車で旅する、釣りざんまい、船舶免許を取る、旧友に会う、親孝行する

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

★カフェ相談★

カフェ相談会」も実施中!

ヘッダー画像

対象:まだ1棟目を買えていない方

   貯金・資産形成を目指す方
マクフライへお問い合わせ
お仕事の相談・問い合わせはこちら!
所有物件
木造アパート/1LDK×4世帯/2014年12月購入/平成3年築
[利回り18.6%]満室
木造戸建て/4LDK/2015年2月購入/平成元年築
[利回り17.8%]満室
木造戸建て/5LDK/2015年11月購入/S57年築
[利回り:13.3%]満室
木造アパート/1K×10世帯/2016年4月購入/平成2年築
[利回り:13.7%]満室
木造戸建て/2LDK/2017年1月購入/平成2年築
[利回り:17.1%]満室
木造戸建て/4LDK/2017年2月購入/昭和62年築
[利回り:16.8%]満室
木造アパート/1K×6世帯/2017年4月購入/平成18年築
[利回り:13.6%]満室
-------------------------------
利回り
=年間賃料÷(物件価格+リフォーム費)
最新記事
カテゴリ
リンク
ランキング
月別アーカイブ